津久見市ファーマーズスクール

津久見みかんプロジェクト
~津久見みかんの復興と津久見山椒の振興~

地域、農業及び新規就農者の概要

人口約1万8千人の津久見市は、大分県南東部に位置し、豊後水道に面する海沿いの市であり、古くからの柑橘産地で、津久見柑橘史によると、その歴史は天保12(740)年までさかのぼります。
津久見市に残る11本の尾崎小ミカン先祖木は、保元2(1157)年のもので、昭和12(1937)年に柑橘では唯一、国の天然記念物に指定されています。
耕地は、山地の傾斜地に石積みによる段々畑が広がっており、リアス海岸とのコントラストは津久見ならではの光景です。礫質譲土が多く、排水が良好で温暖な気候を生かした柑橘生産が農業の中心となっています。
新規就農者は、定年後帰農者が多いものの、近年、関東方面からの移住就農者や親からの経営継承による就農者等、次世代を担う青年就農者も増えつつあります。
津久見市では、耕作放棄地解消や継承園地のマッチング等による移住就農者対策と「津久見みかん」ブランドの復活、新たな農産物(朝倉山椒など)の産地化に向け、各種事業を展開しています。

新規就農者への支援策

農業研修制度
指導農業士や認定農業者等、指導力の高い生産者による栽培技術習得研修制度(ファーマーズスクール)研修期間中の家賃補助(1/2以内 上限25,000円/月)。
収穫等を体験してもらう短期研修(3泊4日程度)
移住等の支援
移住者居住支援事業補助金、新婚世帯・移住子育て世帯家賃補助金、新築奨励・市内消費喚起事業により移住支援を行います。
詳細は https://iju-tsukumi.jp/support/

ファーマーズスクール

研修期間 1年以上2年以内
募集人数 3名
募集期間 随時

連絡先

津久見市役所 農林水産課(担当:五十川(イカガワ))
〒879-2435 津久見市宮本町20番15号
TEL:0972-82-9514(直通) FAX:0972-82-9520
メール:ono-kousuke@city.tsukumi.lg.jp
ホームページ:津久見市農林水産課



市公認キャラクター
【つくみん】

お問合せ

おおいたの農林水産業や就業に関してお気軽にお問合せください
大分県農林水産部
新規就業・経営体支援課 担い手確保班
〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号
097-506-3584
受付時間 9 : 00 ~ 17 : 00 メールでのお問合せはこちら